ホーム > 現金化 > キャッシングより助かることがあるカード現金化

キャッシングより助かることがあるカード現金化

クレジットカードにショッピング枠だけでなくキャッシング枠もついている。 

その前提で、急にお金が必要になったけれども借りる以外に手立てがないというときはどうしますか?

たいていはキャッシングしますよね。

素直に考えれば、カードキャッシングで急場をしのぐという結論になるところでしょう。

しかし、レアケースではあってもキャッシングよりショッピング枠を現金化するほうが好都合なこともあるのです。

 

どんなときに好都合かといえば、ズバリ金銭消費貸借の実績を残したくない場合です。

基本的には延滞などの事故でも起こさない限りは、自分の信用情報が悪くなるということはありません。

しかし、すでに借入額がある程度ある場合はどうでしょう。

他社には関係なくても、使っているカード会社での信用判断に影響しないとはいえません。

実際に、限度額内で利用しているのにもかかわらず、利用停止になったというケースが起きています。

 

どのカード会社でどの程度の利用があれば停止になり得るのかという基準を知ることはできません。

ですので、できることは自分で防衛策を講じることです。

すこしキャッシングが続いたなと思うときであれば、融資枠が残っていてもショッピング枠の現金化を利用したほうがいいかも知れません。

 

カードの現金化をする場合でも、あからさまに換金性の高い商品を購入するのではなく、利用者が多くて実績のあるキャッシュバック業者を利用した方が無難ではないでしょうか。

福岡でおすすめのクレジットカード現金化業者


タグ :